ikkei602000 お魚さん待っててね!

 もう海釣歴は40年ですが なかなか思うようには釣れない日記です。海のない県育ちが最初昭和47年新潟で11pm見て佐渡沖の白山・月山瀬まで深海釣りを開始して以来、平成になっては東京湾はじめ関東エリアに出撃してはあれこれターゲットに海釣専科をしています。今はフグに夢中です。

2018.5.16鹿島第7幸栄丸 フグ2匹 

最初は私はエビで鯛を狙って一つテンヤの予定だったのですが、14日のフグが70匹なんてネットに出たので、同行する伊藤名人と一緒に河豚へ私の狙いものを変更してしまったのでした。船は港を出て南に20分着スタートしたんですが(たぶん最初のポイントは一昨日の大漁の場所だったんでしょうが)、快晴の好天気、陸上は熱中症対策必要な暑さだったそうだが、心地よい風が吹き抜ける船上には 貸竿の女性グループがかわいい声を上げて何人も河豚をゲットしているのに、私だけ「またもやべたなぎジンクスがよみがえってしまったのか」と、悩んでいたのでした。前に伊藤名人が那珂湊沖にまで行ってきたと話していたのを思い出して、大洗が見え始めた頃に、なかのりさんに話したら「今鉾田の沖だから、まだ大洗まで時間がかかるよ」と言われて、7時過ぎに大洗沖でやりだしたが、全然ダメで、那珂湊の涸沼川河口沖で10時前になってようやく私にも1匹目が釣れたのでした。その後はもう当たりが遠のき、なかのりさんが全員のフグをさばき終わって、沖上がり寸前に 突然私に生体反応があったのでした。何とか鹿島サイズを追加して諦めずに最後まで頑張った甲斐があって、帰路が順調だったので、夕飯にショウサイフグの刺身を食べることができ美味しくいただきました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。