ikkei602000 お魚さん待っててね!

 もう海釣歴は40年ですが なかなか思うようには釣れない日記です。海のない県育ちが最初昭和47年新潟で11pm見て佐渡沖の白山・月山瀬まで深海釣りを開始して以来、平成になっては東京湾はじめ関東エリアに出撃してはあれこれターゲットに海釣専科をしています。今はフグに夢中です。

タコ釣り 2.5㎏確保

梅雨入りの雨予報だったが2年もご無沙汰だった北下浦トクエム丸へ、帰国したばかりの種山氏と一緒にタコ釣りに行ってきた。私はミヨシからら3番目に種山氏は4番目に座って、乗船者8人片舷流し満員状態で近間から始めて、徐々に久里浜火力の方へ移動して水深10m前後浅場を探して釣って行った。種山氏は2年前3.7㎏を揚げて居るので船長もちゃんと覚えてくれていたが。今回はせっかく掛けたのに“来たー!”と叫ばずに、船長が差し出したタモ入れ寸前でデカイのをバラシたので、その後は全く鳴かず飛ばずで船中ただ一人むなしくボーズ覚悟状態だったが、沖上がり寸前にやっと1匹確保!船中全員型を観れて,私も3匹2,75㎏(最大メスの1,7㎏)土産にできた。私も種山氏もどちらも当たり少ないのに、一匹ずつタモの下で泳いで逃げて行ったのは、やはり腕の差だったと実感します。
 ミヨシの竿頭【竿を使っていないが】は13匹、(2番目私の右隣は6匹だったので)ダントツでしたが、船長曰く「運7割、腕3割」との事。しかし、やはりこの二人とも常連の仕掛けは船宿のテンヤの上にホームセンターから購入してきたという「銀色と赤色の薄い布束を結わえていました。田んぼで鳥を追い払うために設置する垂らす”キラキラ輝く”光るやつだそうですが、二人ともに釣果が上がっていたので、次回はあれを買って持って行こうと思ったのであります。
最大サイズは1,75kg でしたが いつもはレアで食べようと湯でる時間は短めにするのですが、今回はちょっと長めにしましたら、思いのほか柔らかくできて、これはやはり刺身最高でした。タコ飯・タコ焼き・唐揚げ楽しみにできます。



20180624たこ釣り トクエム丸

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。