ikkei602000 お魚さん待っててね!

 もう海釣歴は40年ですが なかなか思うようには釣れない日記です。海のない県育ちが最初昭和47年新潟で11pm見て佐渡沖の白山・月山瀬まで深海釣りを開始して以来、平成になっては東京湾はじめ関東エリアに出撃してはあれこれターゲットに海釣専科をしています。今はフグに夢中です。

横浜たそがれ アカエイいっぱい ハゼボーズ!

17日の柳の下ではまだ天ぷらサイズを確保できたんですが、三度目は正直で またいつものボーズに戻ってしまったのでした。多摩市から遠路小田急線・相鉄線・みなとみらい線乗り継いで、横浜スタジアム前の日本大通りには催し会場設営中の混雑を潜り抜けてビル地下で解りにくい釣餌店に寄ってから その後市内を馬車道駅まで歩いて戻って、


 みなと横浜のウッドデッキに到着。しかし対岸の釣り人も



先に竿を出していた親子 にも、この前私が竿を出したときの感じとは全然違っていて、まるきり食ってこないのでした。海水が緑色に濁って底が見えず、へちの足元にわずかに姿が見られたんですが、餌を落としても反応なし。一度竿を出したが見きって、この前の上流の場所まで歩いて移動しました。その途中にハゼ釣りblogや住吉会のメンバーの書き込みで聞いていた超有名のお風呂屋さん前には先週300も釣ったという猛者常連2名が凄いきれいな竹竿など出していましたが、聞けば当たりがないそうで、私は河口もダメだったと告げましたが、見れば水面を漂うアカエイが何匹も群れて通り過ぎ、そのほかボラやウグイなども


緑一色の表面を泳ぎ回っているのがやけにくっきり見えていました。この前の釣った場所まで移動を繰り返してちょい投げて見ましたが、まったくノーバイト。この様子ではさすがに集まった地元の常連達(この前自転車で通りがかってポイントなど教えてくれた方だったんですが)も竿を出すこともなく、立ち話をしているだけでした。まだ昼過ぎで、餌は買ったばかりなので思い切って錦糸町に移動しようと思い帰路は横須賀線からの湘南新宿ラインに乗ったんですが、「待てよ、この食いの悪さは、何処も同じなんてことになったら (静脈瘤の足も痛いし)無駄足になる」と新宿から京王線で帰宅しました。ハゼを求めて東へ西へ、電車で飛び回っているのですが、まあそんなに簡単には釣らせてもらえないんです。今回は私の腕が悪くてダメだった訳だけではないことが解りました。たかがハゼ されどハゼ turenai私なのであります。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。