ikkei602000 お魚さん待っててね!

 もう海釣歴は40年ですが なかなか思うようには釣れない日記です。海のない県育ちが最初昭和47年新潟で11pm見て佐渡沖の白山・月山瀬まで深海釣りを開始して以来、平成になっては東京湾はじめ関東エリアに出撃してはあれこれターゲットに海釣専科をしています。今はフグに夢中です。

今年の海釣最初はヤリイカ!何とかツ抜け!

 去年鹿島第三幸栄丸の50m浅場でその直前まで連日ではないけれど沢山釣れていたヤリイカへ酷寒雨降りに息子と伊藤名人と3人で行ったら、ひどい惨状に飛び込んでしまい私はなんとボーズを食らってしまったので、そのリベンジに行ってきた。
 


 今回は水深130m深場でうねりも強くかなり釣りずらい状況だったのだが、さすがに名人は36ハイで竿頭を確保。私も50㎝サイズのビッグサイズをそろえて、生きたまんま持ち帰りと少し小ぶりのを沖漬けにして、何とか全部でつ抜け出来たので、土産に買ってきた北寄貝と巨大鯖の刺身・絞めサバ・うしお汁等盛りだくさんに楽しめるのでした。
 何でそうなるのかなー!又もやお祭りで去年太刀魚とアカムツで竿頭をゲットした竿を根元から折ってしまいました。うねりが強くて、サバが暴れると、中乗りさんが祭った何本もの幹糸を手繰ってくれるのですが一気に負荷が重なって、あっという間に竿の上半分が消えてしまって、手元には電動リールのPEラインが高切れして残っただけでした。
しかしブランコ仕掛けを最初にサバにグシャグシャニされたので、次は直結で攻めたら、中乗りさんに私のおぼつかない手繰り上げ方が「もっとスムーズにたぐらないと、それでは取り込みでばれてしまうよ!」とかなり指導を受けたんですが、うねりの強い日だったので竿頭36杯伊藤名人が「今日は直結は無理だったよ」と言っていました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。